Research Achievements

A1. Papers (peer-reviewed, * represents the corresponding author)

Kento Ochi and Moto Kamiura* (2015)
Overtaking method based on sand-sifter mechanism: Why do optimistic value functions find optimal solutions inmulti-armed bandit problems?
Elsevier, Biosystems, Vol.135, pp.55-65.
[doi:10.1016/j.biosystems.2015.06.009]

Moto Kamiura (2015)
Curried propositional calculus and the matrix representation
American Institute of Physics (AIP) Conference Proceedings, Vol.1648, No.580008, pp.1-4.
[dx.doi.org/10.1063/1.4912816]

Moto Kamiura (2014)
pARIx: An Index for Causal Induction as Extended pARIs/JACCARD Index
IEEE Xplore, Proceedings of the SICE Annual Conference 2014, pp.872-876.
[DOI: 10.1109/SICE.2014.6935231]

Yu Murata, Tomohiro Inoue, Moto Kamiura* (2013)
Numerical Analysis on “Trap of Credit Creation” in Macroeconomics under Zero-Interest-Rate Policy    Elsevier, Procedia Computer Science, Vol.24, pp.289-300.
[doi:10.1016/j.procs.2013.10.053]

Kento Ochi, Moto Kamiura* (2013)
Overtaking Method based on Variance of Values: Resolving the Exploration-Exploitation Dilemma Elsevier, Procedia Computer Science, Vol.24, pp.126-136.
[doi:10.1016/j.procs.2013.10.035]

Tomohiro Shirakawa*, Moto Kamiura, Akihiro Takagi, Hiroshi Sato (2013)
Analysis for the Gait Patterns of Healthy Subjects During March
Elsevier, Procedia Computer Science, Vol.24, pp.167-174.
[doi:10.1016/j.procs.2013.10.040]

上浦 基 (2013)
Implicit相互作用:システムの局所的記述の数理
計測自動制御学会論文集 Vol.49, No.1, pp.190-196.
[http://www.sice.or.jp/kaishi/paper.html]

Moto Kamiura* & Yu Murata (2012)
I/O-Precedential Process as an Ontological Parameter Estimation.
Proceedings of SICE Annual Conference 2012, pp.798 – 800.
[http://ieeexplore.ieee.org/xpls/abs_all.jsp?arnumber=6318550]

Moto Kamiura (2011)
Abduction as Incomplete Parameter Estimation.
triple C – Cognition, Communication, Co-operation. Vol 9, No 2, pp.494-501.
[http://www.triple-c.at/index.php/tripleC/article/view/303]

Moto Kamiura (2010)
Implication of Abduction: Complexity without Organized Interaction.
American Institute of Physics (AIP) Conference Proceedings, Vol.1303, pp.60-67.
[http://proceedings.aip.org/resource/2/apcpcs/1303/1/60_1?isAuthorized=no]

Moto Kamiura*, Kohei Nakajima and Yukio-Pegio Gunji (2008)
Local-Global Interaction on a Phase Space Based on Generative Pointer
Int. J. of Computing Anticipatory Systems, Vol.20, pp.165-176.

上浦 基*,中嶋浩平,郡司 ペギオ-幸夫 (2008)
不完全状態同定と力学系の頑健性
計測自動制御学会論文集 Vol.44, No.1, pp.86-95.
[http://www.sice.or.jp/kaishi/ronbun/ron2000/ron200801.html]

Yuka Tauchi*, Moto Kamiura*, Taichi Haruna and Yukio-Pegio Gunji (2008)
Origin of Money : Dynamic Duality Between Necessity and Unnecessity.
American Institute of Physics (AIP) Conference Proceedings, Vol.1051, pp.390-400.

Moto Kamiura* and Yukio-Pegio Gunji (2006)
Reactive Colimit: a View of Internal Measurement Based on a Hamiltonian System,
Int. J. of Computing Anticipatory Systems, Vol.17, pp.47-60.

Moto Kamiura* and Yukio-Pegio Gunji (2006)
Robust and Ubiquitous On-Off Intermittency in Active Coupling,
Physica D, Vol.218, pp.122-130.
[doi:10.1016/j.physd.2006.04.006]

Yukio-Pegio Gunji*, Hiroyuki Miyoshi, Tatsuji Takahashi and Moto Kamiura (2006)
Dynamical duality of type- and token-computation as an abstract brain,
Chaos, Solitons & Fractals, Vol.27, pp.1187-1204.
[doi:10.1016/j.chaos.2005.01.067]

Yukio-Pegio Gunji* and Moto Kamiura (2004)
Observational Heterarchy Enhancing Active Coupling,
Physica D, Vol.198, pp.74-105.
[doi:10.1016/j.physd.2004.08.021]

Yukio-Pegio Gunji* and Moto Kamiura (2004)
Observational Heterarchy as Phenomenal Computing,
Selected Papers from the Computers and Philosophy Conference 2003:
Australian Computer Science Communications Vol.37, pp.39-44.
[http://crpit.com/PublishedPapers.html]

Yukio-Pegio Gunji*, Tatsuji Takahasi and Moto Kamiura (2004)
Phenomenal Computing Carrying the Weak Paradox as Indefinite Environments,
Int. J. of Computing Anticipatory Systems, Vol.14, pp.172-184.

A2. Other Papers

Moto Kamiura* and Yu Murata
Stock Market Dynamics Derived from a Cognitive Bias
Springer, Artifical Life and Robotics.

井上智洋*,品川俊介,都筑栄治,上浦 基 (2012)
ゼロ金利下で量的緩和政策は有効か? -ニューケインジアンDGEモデルによる「信用創造の罠」の分析-
日本経済学会2013年度春季大会論文

Moto Kamiura* and Yukio-Pegio Gunji (2006)
Dynamical Change of a Hamiltonian System Derived from Heterarchical Duality,
Proc. of 6th Int. Workshop on Emergent Synthesis, pp.165-171.

A3. Magazine

上浦 基
〈システム〉思考と特異点を待たない人格のアップロード
現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ

A4. Books

郡司 ペギオ-幸夫 ・ 上浦 基
「複雑性の本質:観測由来ヘテラルキー」
複雑さへの関心(複雑系叢書 7) 早稲田大学複雑系高等学術研究所 編 (編集員代表:相澤洋二),
共立出版,2006.
[http://www.kyoritsu-pub.co.jp/shinkan/shin0605_03.html]
[Amazon: 複雑さへの関心 (複雑系叢書)]

B1. International Conferences

Moto Kamiura and Yu Murata,
Stock Market Dynamics Derived from a Cognitive Bias.
The 18th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB2013)
[30,January-1,February, 2013 / Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea] (verbal presentation)

Moto Kamiura and Yu Murata,
I/O-Precedential Process as an Ontological Parameter Estimation.
SICE Annual Conference 2012 (SICE2012)
[20-23, August, 2012 / Akita University, Akita, Japan] (verbal presentation)

Moto Kamiura,
Abduction as Incomplete Parameter Estimation.
4th International Conference on the Foundations of Information Science (FIS2010)
[21-24, August, 2010 / Beijing, China] (verbal presentation)

Moto Kamiura,
Implication of Abduction: Complexity without Organized Interaction.
9th International Conference on Computing Anticipatory Systems
[5-8, August, 2009/ Liege, Belgium](verbal presentation)

Moto Kamiura, Kohei Nakajima, Yukio-Pegio Gunji
Local-Global Interaction on a Phase Space Based on Generative Pointer.
8th International Conference on Computing Anticipatory Systems
[6-11, August, 2007 / Liege, Belgium] (verbal presentation)

Moto Kamiura and Yukio-Pegio Gunji,
Structural change of a dynamical system derived from mixture of two limits.
5th East Asian Biophysics Symposium & 44th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan
(EABS & BSJ 2006)
[12-16, November, 2006 / Okinawa, Japan] (poster presentation)

Moto Kamiura and Yukio-Pegio Gunji,
Dynamical Change of a Hamiltonian System Derived from Heterarchical Duality,
6th International Workshop on Emergent Synthesis (IWES06)
[18-19, August, 2006 / Chiba, Japan] (poster presentation)

Moto Kamiura and Yukio-Pegio Gunji,
On-Off Intermittency on Energy Fluctuation Network Derived from Asynchronous and Finite Time Intervals
International Conference on Computing Anticipatory Systems
[8-13, August, 2005 / Liege, Belgium] (verbal presentation)

Moto Kamiura and Yukio-Pegio Gunji,
Active Coupling based on Pre-functor,
Dynamic Ontology
[8-11, September, 2004 / Trento, Italy] (verbal presentation)

Moto Kamiura and Yukio-Pegio Gunji,
Active Coupling based on Observational Heterarchy,
8th World Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI 2004)
[18-21, July , 2004 / Orlando, Florida, U.S.] (verbal presentation)

B2. 国内会議

上浦 基・高橋 達二,因果帰納確率モデルの情報学的考察
第27回人工知能学会全国大会
2013年6月4日(火)~7日(金),富山国際会議場

上浦 基,〈ネットワーク〉と内部観測
第24回計測自動制御学会SI部門共創システム部会研究会・第7回内部観測研究会(共同開催)
2013年3月2日(土)~3日(日),理化学研究所和光キャンパス

上浦 基・村田結,アブダクティブ推論に基づく 市場変動モデルと認知実験の構成
第13回計測自動制御学会SI部門講演会
2012年12月18日(火)~20日(木),福岡国際会議場

上浦 基,アブダクティブ推論と株価変動
東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会
2012年10月28日(土),東北大学電気通信研究所

上浦 基,相互作用記述と選択肢生成
第2回身体性研究会 (協力;早稲田大学複雑系高等研究所)
2012年4月21日(土)早稲田大学西早稲田キャンパス

村田結・上浦基,動的アジョイントの観点から見た株価時系列に対するARパラメータ推定.
第23回 計測自動制御学会SI部門共創システム部会研究会・第6回内部観測研究会(共同開催)
2012年3月17日(土)~18日(日)神戸大学 六甲台キャンパス

上浦 基・村田 結,因果性表現としての関数.
第23回 計測自動制御学会SI部門共創システム部会研究会・第6回内部観測研究会(共同開催)
2012年3月17日(土)~18日(日)神戸大学 六甲台キャンパス

上浦 基,入出力先行過程と共創の数理.
第12回計測自動制御学会SI部門講演会,
2011年12月23日,京都大学 吉田キャンパス

上浦 基,共創と内部観測の諸相.
東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会,
2011年10月22日,東北大学電気通信研究所

上浦 基, 共創の論理と自己組織化の論理:臨界現象の視点から.
計測自動制御学会共創システムシンポジウム,
2011年10月21日,東京工業大学 大岡山キャンパス(口頭発表)

上浦 基,不確実性環境下での推論と学習.
東北大学電気通信研究所 プロジェクト研究会,
2011年6月4日(土),東京工科大学八王子キャンパス(口頭発表)

上浦 基,アブダクティブ推論と最適制御.
東北大学電気通信研究所 プロジェクト研究会,
2010年10月17日(土),東北大学電気通信研究所(口頭発表)

上浦 基,アブダクションとSOCの構造的類似性について
第4回内部観測研究会,
2010年3月5日(金)~7日(日),東京理科大学神楽坂キャンパス(口頭発表)

上浦 基,レギュラシオン貨幣論と内部観測.
第3回内部観測研究会(神戸大学・北海道大学 グローバルCOEプログラム主催)
2009年3月14日(土)~17日(火),沖縄県青年会館(口頭発表)

上浦 基,ランダムベクトルから誘導される行列の時間発展について.
第2回内部観測研究会,
2008年3月7日(金) ~8日(土) ,神戸大学六甲台キャンパス (口頭発表)

上浦 基,ヘテラルキーと力学系.
第1回内部観測研究会,
2007年3月7日(水),神戸大学百年記念館(口頭発表)

上浦 基,郡司 ペギオ-幸夫,リアクティブコリミットに基づくシステム-環境間相互作用
第6回計測自動制御学会SI部門講演会 (SI2005)
2005年12月16日(金)~18日(日) 熊本電波工業高等専門学校 (口頭発表)

上浦 基,郡司 ペギオ-幸夫,写像の動的変化に由来するオン-オフ間欠性
第5回計測自動制御学会SI部門講演会 (SI2004)
2004年12月17日(金)~19日(日) つくば国際会議場 (口頭発表)

上浦 基,郡司 ペギオ-幸夫,弱い同型性に対する表現としての結合写像系
第4回計測自動制御学会SI部門講演会 (SI2003)
2003年12月19日(金)~21日(日) 東海大学代々木キャンパス (口頭発表)

B3.その他の研究発表

上浦 基,アブダクションと過剰汎化
早稲田大学複雑系ミニシンポジウム
2013年3月21日(木)~22日(金),早稲田大学西早稲田キャンパス
上浦 基,条件付き確率と前層
第19回内部観測研究会関東部会
2012年7月21日(土),青山学院大学アスタジオ

Moto KAMIURA, Estimating, Reasoning and Criticality.
The 3rd Workshop of Cognitive Theory organized by Internal Measurement Laboratory at Tokyo Denki University,
24 August 2011, Ryokan Sarusawa, Kanagawa, Japan

上浦 基,部分情報に基づく推定パラメータの挙動について.
第1回認知理論ワークショップ,
2010年7月8日(木),東京電機大学 鳩山キャンパス2号館(口頭発表)

上浦 基,金融市場にみる前述語的判断:内部観測の始源へ立ち戻る.
第3回行動経済学理論ワークショップ,
2010年3月30日(火),東京電機大学 鳩山キャンパス(口頭発表)

上浦 基,レギュラシオン・アプローチと内部観測.
内部観測研究会 第5回関東部会,
2008年9月20日(土),東京理科大学野田キャンパス(口頭発表)

上浦 基,「創発」をどう考えるか.
池上高志研究室主催研究会,2006年4月13日,東京大学(口頭発表)

上浦 基,リアクティブコリミットに基づくシステム-環境間相互作用.
井上政義研究室主催研究会,2005年12月19日,鹿児島大学(口頭発表)

上浦 基,写像の動的変化を伴う結合写像系.
井上政義研究室主催研究会,2004年7月9日,鹿児島大学(口頭発表)

C. Award

SI2011優秀講演賞
上浦 基,入出力先行過程と共創の数理.
計測自動制御学会SI部門講演会,
2011年12月23日,京都大学 吉田キャンパス

Best Paper Award
Moto Kamiura,
Implication of Abductiton: Complexity Without Organized Interaction.
9th International Conference on Computing Anticipatory Systems.
[5-8, August, 2009/ Liege, Belgium]

D. Competitive Funds

平成23年度~平成24年度
科学研究費補助金 若手研究(B)
「アブダクティブ推論に基づく市場暴落の数理モデルと仮想市場を用いた認知実験の構成」

平成22年度~
東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究
「生命にとっての情報・推論・計算の解明と工学的応用の検討」研究分担者

平成19年度
笹川科学研究助成金(個人研究)
「物理過程と記号処理過程の動的階層構造に基づく一般力学系の拡張」

E. 特別講義

2012年12月20日 防衛大学校電気情報学群情報工学科

2012年11月21日 千葉県立東葛飾高等学校